屋外ブースの装飾の鉄板~テント編~

2018.06.01  コラム  

こんにちは!
今回は屋外ブース装飾の定番を紹介いたします。
屋外で行われるイベント、どんなものをイメージしますか?

屋外イベントの装飾イメージ

・音楽フェスティバル
・車の試乗イベント
・住宅展示場のイベント
・食に関するイベント
・マラソンなどのスポーツイベント
・夏まつり/七夕/花火大会
・野外映画館 ←最近流行ってますね!!
・マルシェ(手作り市)

等々・・・たくさんありますが、このようなイベントで皆さんどのような装飾をされているかご存知ですか?
ブースをきれいにしたいけれど、
「他社はどれくらいの装飾をしているのか?」
「予算はどれくらいが相場なのか?」

皆さんから良く頂く質問に対して、細かく紹介していきます☆

 


|あなたの業界はどんな装飾をしていますか?

よく頂くのが、「どんな装飾をすればいいですか?」と言うご質問です。
なので今回は各業界(ジャンル)別にまとめてみました!

◆スポーツ

スタート・ゴール地点のアーチが一番良く見かけます。あとは参加者受付や事務局用場所には分かりやすいポスターがあります。
その他にも駐車場を含めた会場の至る所にイベント名が書かれたのぼり旗が立っているのがスタンダードです。
大規模なイベントになるとアルミトラスと呼ばれる躯体で表彰台やインタビューエリアが造設されていたり、
コートなどの競技を行うスペースに協賛企業の名前が入った囲いが設置されています。

◆住宅

こちらもスポーツ同様にイベント名が書かれているのぼり旗が多いです!
あとはいつでも資料が手に取れるようなカタログスタンド、キッズ用スペースや休憩所に使えるテントがあります。
少し前までは学校行事で使われるような学校用テントが多く見られましたが、昨今のブランディング戦略により自社のロゴ等が入ったオリジナルの組み立て式テントを使っている所が増えています。

◆夏祭り

地元のお祭りといえば「○○年 △△地区夏祭り」という垂れ幕と的屋さんの屋台が定番ですよね。
大規模なものになるとフォトブースのスポットや簡単なパフォーマンスができるステージが設けられています。
オシャレなイメージのブースも増えています。

◆マルシェ

近年増加傾向にあるマルシェを含むフードイベント。こちらはナチュラル/オーガニック・肉フェス・スイーツなどジャンルは多岐にわたります。規模も様々で、個人事業主から有名店まで幅広い方が出展されています。従って、テーブルクロスやスタンドバナーが多いです。
もう少し手の入ったブースはテントやパネルが多くなる傾向にあります。

 

 


|ココが気になる!「テントの疑問」

どこでも使われているテントですが、どんな特徴があるのでしょうか??
気になるポイントをまとめました♪

◆収容人数

サイズは色々あるけれどイメージが湧かないという方。分かります!!
購入するときはサイズではなく「どれくらいの人が入るか?」が重要ポイントですよね!
ずばり収容人数は 1㎡に1.2人 です。

◆素材

軽量重視・雨風の耐久性などあると思いますが、大きく分けて2つ!
軽量重視→ポリエステル生地
耐久性→ターポリン生地
どちらも仕様が違えば価格も違う・・・
価格と「どんなものが欲しいか?」が鍵です☆

★気になる方はこちら
☞テント   全2種
☞大型テント https://sugoiokugai.com/product/c-largetent.html
☞のぼり   全3タイプ

---------------------
凄い屋外ブース装飾  from【E-BANNER】
https://sugoiokugai.com
運営:株式会社ゼンシン

お電話でのお問合わせ
0120-102-548 受付時間 9:00~18:00 (土日祝を除く)
  • 無料お見積り・お問合わせ
  • 無料資料請求
  • ショールーム見学